子供の身長が伸びない症状がこれだ!

子供の身長を伸ばす方法を知るのも確かに重要です。一方で、日本人の平均身長は伸びている現実があります。そこで注目して欲しいのが、子供の身長が伸びない原因を知る、といったことです。その原因を取り除いてやれば、もしかしたら、にょきにょきと伸びるかもしれませんよ。

こちらでは、子供の身長が伸びない症状についてお話します。どのような症状が加わると、子供の身長が伸びなくなってしまうのでしょうか。

・子供が情緒不安定だったら要注意

子供がよく苛々しているようであると、身長が伸びにくい傾向があります。そもそも、何故イライラしているのでしょうか。カルシウムが足りない、といったことが考えられるのです。身長には、カルシウムも関わっているので、不足しているのは大きなマイナスです。そうなってしまわないようにするためにも、イライラしているような情緒不安定な状況が続いてしまっていたら、積極的にカルシウムを与えてください。

ちなみにイライラしているということはストレスが溜まっていることになります。血管が収縮してしまっているので、全身に栄養が送りにくい状態となっています。ストレスも低身長の原因となるので注意してくだい。

・歯や顎が弱かったら要注意

歯や顎が弱いということは、骨になるカルシウムが足りていない可能性があります。また、ビタミンDが足りていないといったことも考えられるのです。ビタミンDは紫外線を吸収することで生み出すことも出来ます。外で遊ぶ機会が少ないことも、歯が生えにくい、といった事もありえるのです。定期的に屋外で遊ばせる、といったことを実施してくださいね。

あまり噛む習慣がない子供も歯や顎が弱ってしまうことがあります。ゆっくりと食べることで、食べ物の吸収も良くなります。早食い傾向にあるお子さんは矯正してください。

噛む習慣がない場合には、定期的にガムを食べさせる、といったこともおすすめです。

・アレルギー疾患が出てしまう

カルシウム不足になると、免疫システムがおかしくなってしまいます。免疫の情報交換がスムーズに出来なくなり、問題のない細胞まで攻撃してしまうのです。花粉症になってしまったり、アトピー性皮膚炎いなってしまうケースも報告されているので注意してくださいね。

身長を伸ばす方法を試すのと同時に、身長が伸びない生活習慣になっていないか?チェックしてみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ