更年期障害とは?

女性なら誰でも、40代から50代にかけて、悩まされるのが、更年期障害です。

更年期障害の現れる原因は医学的には解明されています。それは、女性ホルモンの乱れによるものです。
特に、エストロゲンとプロゲステロンが関与していると言われています。

卵巣の機能は歳をとるにつれて衰えていき、閉経を迎えるころには、卵巣から分泌されるホルモンの量が激減します。すると、脳の方では、卵巣から女性ホルモンが分泌されていないと思い、さらに卵巣に女性ホルモンを分泌するように命令を出します。

この様に、脳の機能が、卵巣の機能低下を勘違いし、女性ホルモンの分泌に関して間違った命令を出すことを繰り返しているうちに、心身的にも、また精神的にも不具合が出てくるのです。

それが、更年期障害の現れるメカニズムです。

更年期障害はある時期を過ぎると、脳も卵巣の機能低下を理解し、正常に戻り、症状は治まるのですが、それまでは、苦しい症状に悩まされることになります。

実は最近、更年期障害に有効な物質が見付かっています。それは、エクオールという物質です。

エクオールは女性ホルモンとよく似た働きをするので、脳が「卵巣がちゃんと女性ホルモンを分泌している」と理解し、その結果、更年期障害がなくなる、あるいは、軽くなるのです。

今では、エクオールはサプリメントとして、簡単に手に入れることが出来ます。

天然成分で出来ているので、安心してのむことが出来ますので、一度、試してみては如何でしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ