ちゃんぽんが二日酔いを引き起こす本当の理由

ちゃんぽんをしてしまうと、二日酔いが発生しやすくなったり、悪酔いしてしまいやすくなります。しかし、なぜちゃんぽんをするとお酒の影響がでやすくなるのでしょうか。様々な種類のお酒を呑むことで酔いやすくなってしまうのではないか、と思っている方が非常に多いと思います。しかし、ちゃんぽん通いやすい理由は他にあったのです。

・ちゃんぽんで酔いがひどくなってしまう本当の理由とは?

様々な種類のお酒を呑むことで、味わいにバリエーションが出てきます。何が言いたいのかといえば、お酒を変えることで口当たりが良くなります。その結果、ついついお酒の量が増えてしまうのです。その結果、悪酔いしてしまうような状況が生まれてしまいます。

意外なことかもしれませんが、ちゃんぽんをしてしまうことで酒量が増えることがよくなかったのです。幾つかの種類のお酒を飲んだからといって、それが直接的に問題になるわけではありません。
従って、お酒に強くなる為には、ちゃんぽんをしない事が非常に重要です。

1種類のお酒ばかりを飲んでいれば、途中で少し飽き始めてしまいます。飽きた時点で飲む量も少なくなっていき、アルコールの摂取量もある程度セーブできるのです。

一方で、最初は日本酒などのからお位お酒を飲んでいて、途中からサワーなどの甘いお酒に切り替えるとグビグビと行けるようになった経験はありませんか。味が変わることで、別腹が生まれる、といった感覚でしょうか。デザートは別腹、といった感覚がありますが、アルコールでも同じような状況が生まれるわけです。

・ちゃんぽんをしないようにするための対策方法

お酒に強くなる為には、なるべく飲むお酒の種類を決めておくことが大切です。たとえば、今日はビールを中心飲む、と決めてかかるような感覚です。ビール意外を飲まないことでちゃんぽんになるような危険性はありません。

ただ、注意して欲しいのが、いくら飲む量が少なかったとしても、アルコール度数が高ければ当然アルコールの影響は受ける、といったことです。ウォッカのようなお酒ばかりをずっと飲んでいると、事前と体内のアルコール濃度は高まっていきます。その結果、二日酔いが発生しやすくなってしまいます。

飲むアルコールの種類を事前に決めつつ、そのアルコール度数にも気を使ってください。高いアルコール濃度のお酒を飲もうと考えている場合には、水割りなどで飲むだけでも随分と状況は変わってきますよ。
お酒に強くなる方法として、このような事に注意して下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ